スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主治医と話す

金曜日、朝から実家に行くつもりで仕事を休みました。3月までに消化すべきお休みがあと4日残っていたので、別にかまわなかったのですが、さあ家を出ようかと思った8時過ぎに母から電話。

「今日、来てくれるの?今調子がいいから、別に無理せんでもいいよ」

「仕事、もう休んだし、いいよ。それに新しい主治医の先生とちょっと話したいし」

「来てくれたら嬉しいけど、お医者さん来はるの、午後からやと思うよ。ゆっくり来てくれたらいいから」

おそらく早く来られても間が持たないと思ってるんだろう。

それに私の分の昼食のことも気にしているのかもしれない。

「サービスエリアで柿の葉寿司と鯖寿司買っていこうか?」というと、案の定

「ああ、それは嬉しいわ。いいの?」と乗ってきました。

私はどうしても説教じみたものの言い方をしてしまうので、母にとっては煙たい存在。

でも、お気に入りのお寿司には勝てなかったんでしょうね(笑)

妹に電話をしてもらい、寝る前のセロクエル2錠の許可を得たので飲ませたら、昨夜は朝まで眠れたらしいです。

電話の声も、昔の母と同じ。張りのある大きな声。調子の悪い時はろれつも回らず、小さな声しか出ません。

高速のサービスエリアで約束のお寿司を買って、車を飛ばしている時、父から電話。

「先生が今日は今から来るって言ってはるけど、今どこや?もう着きそうか?」

「まだしばらくは無理。一応先生あてのお手紙を書いてきたから、それを後で病院に持って行くから。大丈夫よ」

二人ともとにかくちょっとしたことでパニックになるので、この「大丈夫」という言葉は大切。

でも本当はちょっと焦りました。

何としても今日は主治医とお話しして、なんとか処方を一部変えてもらわなければと思っていましたから。

急いで実家に到着すると、まだ先生がおられました。

良かった~。

先生は母のベッドに座って、お薬について丁寧に説明してくださっているようでした。

母はまたいつもの調子の悪い時の状態に。

おそらくは緊張と、難しい話をされたことによる動揺が引き金になっているのでしょう。

先生に処方を変えてからの母の症状を話しました。もちろん、母の精神面や気温や気圧も関係していることも。

ただ、寝る前のセロクエルはなくさないでほしいこと。

リリカはできればやめないでほしいこと。やめるにしても、1錠ずつ減らしてほしいこと。(前日の不安があまりにも強く、一時たりとも妹が離れるのをいやがったことも伝えました)

3月半ばまでは妹の仕事の関係で休みが取れないので、可能なら大幅な減薬は3月半ば以降にしてほしいことを伝えました。

先生からは、セロクエルはむしろ増やしたいと考えているとのこと。就寝前2錠は見落としだったとのこと。あわてておられました。

また、リリカはサインバルタと作用がかぶっているため、なくそうと思っていたと。

それならば、リリカを飲み始めてからいい傾向が見られるので、サインバルタよりもリリカを優先してもらえないかとお願いしてみました。

先生は誠実な態度で「もう一度全体を見直してみます。セロクエルの寝る前の分と、リリカは追加処方をします」と言ってくださいました。

初めてお話しした先生でしたが、いろいろ考えてくださった上での変更だというのはわかったし、こちらの話も嫌がらず聞いてくださったこと、自分のミスを認め、柔軟に対応してくださったことを嬉しく思いました。

母も丁寧に対応してくださる先生の様子を見て「いい先生やね。安心したわ」と喜んでいました。

医師と看護師さんが帰られて、お寿司を食べているころから、また調子が戻ってきました。

まだすっきりという感じではなかったので、全身のマッサージや足裏のつぼ押しなどをしていると「ああ、気持ちいいわ。ありがとう。お母さんはあんたらがおらんかったら、もう死んでるわ」なんて言っていました。

身体がずいぶんほぐれて、いろいろな雑談が飛び出したころ、父の訪問看護師さんが到着。

「お風呂の水入れるの忘れとったわ。」

と言ったかと思うとトイレに。

トイレから出たとたん、また調子が悪くなりました。

父をお風呂に入れてくださるのに、事前にお風呂に水を入れてなかった、という動揺で、とたんに調子が悪くなるのです。

そのうち、夕食のヘルパーさんが来られて、看護師さんが入れ違いに帰られても調子の悪さは継続。

母がいうには、あれだけ妹が離れると大騒ぎをしていたのに「○○(妹)が帰った頃から急に調子が良くなってね。」と、「父以外の誰もいないほうが調子がいい」という感じ。

確かに母は家に人が来るのは好きではないし、必要以上に気を使うから、それが精神的に良くないのだと思います。

かといって、ヘルパーさんや往診のお医者さんや、看護師さんが来てくださらないと今の生活は成り立たない。

なかなか難しいところです。

何はともあれ、処方を変えてもらえて良かったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

薬剤調整について

リリカとサインバルタの作用は、中枢性の疼痛に効果が在ると言う事ですが、神経伝達物質への影響は違いが有るようです。
サインバルタは、セロトニンの働きを強めます。レビーの方の場合、脳内のセロトニンの働きが相対的に過剰になっていると考えたほうが良い方がいると思われます。こういった理由から、リリカとサインバルタなら、リリカのほうを選択したほうが良いかも知れません。
レビーの抑うつ症状は、セロトニンの不足ではなくアセチルコリンの不足が大きな原因と考えられます。
セロトニンは、疼痛に関して影響が大きい事は確かですが、不足して疼痛を強める場合だけでなく、過剰でも疼痛を強める可能性が在ります。レビーの方に心気症的な不定愁訴が多いのは、セロトニン過剰の影響ではないかと思われる部分も有ります。この辺は、まだ十分解明されていませんので、カット&トライで薬剤調整を進めるしか有りませんが・・・。
レビーの場合、薬剤の種類が増えるのは、致し方無いと思います。問題は、それぞれの薬の量の多すぎ(過剰投与)です。それぞれの薬剤の必要最小限の量を見つける必要が有ります。

いつもありがとうございます

hokehoke先生

いつも的確なアドバイス、本当にありがとうございます。
昨年の今頃もずっと「認知症を学ぶ会」でお世話になっており、本当にありがたく思っておりました。

ここ2年ほど、このあたりの時期は調子が最悪で、昨年はことのほかひどかったです。

春以降少し落ち着いていたのですが、結局痛みの訴えはずっと続いています。

リリカとサインバルタの違い、とても納得がいきました。

やはりリリカを中心にしたほうが良さそうですね。

リリカ75mgを一日2回にした頃から、少しピリピリした感じが減り、少し認知面で落ちた感じがしたものの、便もスムーズに出、痛みの訴えも少し減りました。

今回の医師も薬の増量に関しては非常に慎重な方のようですので、母の様子をしっかりと伝えながら、薬剤調整を行いたいと思います。

これからもご教示どうぞよろしくお願いいたします。

本当にありがとうございました。
sidetitleプロフィールsidetitle

みずき

Author:みずき
高3・高1の息子を持つ、ワーキングマザーです。
レビー小体型認知症と診断された離れて暮らす両親を妹とともに見守っています。
両親は現在実家の近くのグループホームで暮らしています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleおこしいただいた方sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。