スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レキップ減量

先日はコウノメソッド実践医のT先生のところに両親を連れていきました。


この間は私が両親の様子を報告しながら2週間おきに薬の調節をしていました。


しかし、やはり1か月に1度くらいの頻度では可能ならば本人たちを診察したいとT先生は思ってくださっているようでした。


T先生はコウノメソッドをもとにしながらも、基本的に薬はできる限り減らされる方針です。


その際、同じような働きをする漢方薬に変更します。


一般のお薬と漢方薬の違いは、やはり漢方薬が体本来の力を引き出すもの、というところでしょうか。


西洋医学で使うお薬の多くは、飲み続けないといけないのに加えて、耐性のようなものができ、増量をしていかなければならず、副作用も特に薬剤過敏のレビーにはネックです。


漢方薬には飲みにくさがありますが、両親は「西洋医学のお薬よりも体に優しい気がする」といいます。


T先生は、最終的に身体が本来の力を取り戻せば、漢方薬もやめていくとおっしゃっていました。


母の処方の中で、ネックになっているのは、やはり「レキップ」です。


今回はお昼のみ1mgに変更されました。


また、むくみがひどく、歩きにくいため、父に出されていた「牛車腎気丸」が加わり(1包を朝昼夕)


「潤腸湯」と「五苓散」は胃腸の調子が悪いときのみ。


「芍薬」がレキップ減量時に起こる筋肉硬直時に頓服として出されました。(これがものすごく効くそうで、母によると振戦がゼロになるとか)


ネオドパストンはこれまで通り。


最近急に血圧が上がり始めたため、アルマール復活です。(アルマールには振戦を抑える働きもあります)寝る前に5mgを1錠。


抗不安薬としてジェイゾロフトとセロクエルを1錠ずつ。これも寝る前。


母や私としては、これでもずいぶんお薬は減ったと感じていますが、T先生は「まだまだ多すぎる」とおっしゃいます。


少しずつですが、レキップを減らしていければ、もう少し外に出られるようになるかもと期待しています。


T先生は本当にじっくりとお話を聞いてくださるし、説明もこちらが納得するまでわかりやすく噛んで含めるようにしてくださいます。


体のあちこち(足の血管や舌の状態)を丁寧に診て下さったり。


これまで様々な医師に不信を抱いていた両親は、T先生に診ていただいた帰りはとても上機嫌です。


帰りの車の中では「まだ日本で行きたいとこいっぱいあるわ。がんばって治して、旅行でいいもん食べよな」なんて母が父に言っていました。びっくりです。


本当にいいお医者様と出会いました。


地域のスタッフの人たちもとてもよくして下さっています。


多くの方々のおかげで両親の状態が保てていることに感謝でいっぱいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

西洋医学に基づく薬の使用と、漢方では全く考えが違います。
漢方では、証と言って体質を4つの要素にわけ、陰か陽か判断し、その体質にと症状に応じて薬を選択します。日本では、おもな証と症状にたいして標準的な処方が作られ、それを選択使用しています。西洋医学的な症状としては同じでも、証(漢方でいう体質)が違えば選択される処方が大きく違う場合もあり、この辺を十分熟知していないと、危険な場合があります。このため私は、漢方を積極的に使用していません(使用できませんと言ったほうが良いかも知れませんね)。
高齢者にとって、不要な薬剤は出来るだけ使用しないと言うのは、基本的に正しい考えです。私も不要な薬剤はすぐ減らします。新しい勤務先でまずすることは、不要な薬剤を可能な限りカットすることです。薬をやめたほうが調子が良いと言う事は良くあります。

良い先生に巡り合い、御両親の病状が改善しているようで安心しました。これからもあせらず、ゆっくり薬剤の調節をしていってください。

No title

hokehoke先生

お忙しい中コメントをありがとうございます。

T先生は河野先生から薦められた先生ですが、本当によくしていただいています。

両親にとって漢方薬は初めてで、飲み込みが難しく(母は必ずオブラートを使います。子どもみたいですね)量も多かったりしてとまどっていましたが、やっといくらか慣れてきたようです。

飲みにくいといったら、細粒に変えてくださったりしています。

パキシルをジェイゾロフトに変えてくださったのは河野先生ですが、この頃から少し明るくなったようで、以前の母がもどってきました。

入院中どうしようもなく悪くなっていく母にNewフェルガードを飲ませようか迷っていた時、先生のご教示がどれだけ心強かったことか。

あのことがなければ、母はあのまま病院から出られなかったかもしれません。

本当にありがとうございました。

これからもまたよろしくお願いいたします。
sidetitleプロフィールsidetitle

みずき

Author:みずき
高3・高1の息子を持つ、ワーキングマザーです。
レビー小体型認知症と診断された離れて暮らす両親を妹とともに見守っています。
両親は現在実家の近くのグループホームで暮らしています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleおこしいただいた方sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。