スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の近況

前回の記事から前回の記事から約3カ月が過ぎました。

父は6月の記事当時入院していた病院から、住まいとグループホームのあるA市の市立病院に移りました。
6月末に2回の圧迫骨折の傷みがひどいため、手術をしてもらうための転院でした。

幸い手術は成功し、今は痛みはありませんが、一番困ったのが食欲がなくなってしまったことでした。

もともと大食漢で、そのために糖尿病を患っていたくらいの父、グループホームの食事は当然毎食完食し、その上妹にこっそり差し入れを頼むほどでした。

その父が、3月半ばの骨折以来、食欲をほとんどなくしてしまったのです。

最初は痛みのため、食事どころではないという感じでした。

しかし、最初に入った病院で、「フォルテオ」という注射を処方され、そのせいかどうかはわからないのですが(この病院では「固定」されていただけだったので、痛みはそのまま過ごしていたので)食欲はますます落ちました。

ほとんど体を動かすこともなく、一日寝たり起きたり、リハビリもほとんどできませんでしたから、当然と言えば当然なのですが、とにかくゲッソリ痩せてしまいました。

転院、手術をして、痛みが治まれば食欲も出るかと期待しましたが、その部分だけは変わらず。

180センチ以上ある長身の父ですが、体重は55キロをわってしまいました。

血圧も低いため、リハビリもままならず、もともと点滴嫌いの父が24時間点滴を受け、針を刺す場所もなくなってきていました。

きらきら組で胃ろうをされて回復し、口からも栄養がしっかりとれるようになった方のお話をしばしばうかがっていましたので、看護師さんにも相談してみました。

胃ろうも視野に入れつつ、鼻腔栄養をまず始めてみようとのことで、今に至っています。

チューブが苦痛だろうと思っていましたが、何とか慣れたようで、始める前と比べると顔つきが変わりました。栄養がとれてきたせいか、起立性低血圧もおさまり、リハビリも少しずつできるようになりました。

しかし、まだまだ「太る」まではいかず、血流低下からか、目が見えにくい、耳が聞こえにくい(もともと耳は遠いほうでしたが)言葉が出にくい(どもる)などはあります。

病院の先生、看護師さんたち、作業療法士さんたちは、本当によくしてくださっています。

「なんでもよいと思えることはやりますので、おっしゃって下さい」と言って、こちらがお願いするとチームでその方向に向かって動いてくださっています。

ただ、「グルタチオン」だけはうってくださらなかったのですが・・・
かなりいろいろ説明させていただいたんですけれどね。

地域連携室の方とも話しながら、なんとか口だけで栄養がとれるところまでもっていくか、それが無理なら胃ろうにするかを考えていこうと思います。(次の施設への入所のために)

前回の記事に書いたグループホームの施設長は自分たちの責任を全く感じていないようで、「病院からこちらに戻されたとき、何故?と思っていた。最初にかかった病院が入院させなかったという判断ミスのため」と。

もうこの段階で「ここには怖くて置いておけない」と思いました。

確かに病院側に入院という判断をしてもらうべきだったとは思いますが、それを疑問に思ったなら、なぜその場で医師に尋ねなかったのか(提携病院だとやたら強調していました)、また、戻ってからの介護上の注意事項など確認しなかったのか。

グループホームの往診医は内科専門ですし、専門外の分野のことには一切関わろうとはなさらない方です。

施設長はこの「往診医の先生がこのままでは寝たきりになるとおっしゃっていたから」と無理に動かしていましたが、私たちは何度かこの往診医と接して、整形外科に関わる父の症状にこのような判断や指示をする人ではないと思っています。
(この線引きが非常にクリアな人なので)

となると、整形外科の医師に何の問い合わせもせず、勝手に往診医の言葉と偽って、自分たちの介護の負担を軽くするために骨折している人を無理に動かしていた・・・と考えざるを得ないのです。

募集の際には要介護5まで預かる、看取りも行う、などの話で、両親も安心していたのですが、実態とは違いすぎです。

実際、どんどん利用者さんは減ってきており、今は半分ほどしかうまっていません。

ただ介護士さんたちはとてもいい方たちで、母のこともよく理解してくださり、母は非常に安定しています。

また、今残っている方々は皆さん穏やかな方ばかりで、人数も少ないため、手厚く世話をしていただいています。

ただ、父はおそらくここで暮らせるようにはならないだろうと思っています。

そこで、父については新しい施設を探しています。両親をともに住まわせることが第一なので、父の入所のめどが立てば、母もその新しい施設に移動させます。

残念ですが、仕方がありません。

今は父の回復を家族で精いっぱいバックアップしていくつもりです。

スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

みずき

Author:みずき
高3・高1の息子を持つ、ワーキングマザーです。
レビー小体型認知症と診断された離れて暮らす両親を妹とともに見守っています。
両親は現在実家の近くのグループホームで暮らしています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleおこしいただいた方sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。