スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫垂炎の痛みを感じなかった母

グループホームに入ってから、深夜や明け方の妹の呼び出しはさすがになくなりました。

しかし、入所してわずか2日で発熱、炎症反応のため入院。虫垂炎でした。緊急手術です。

以前からhokehoke先生がよく書いてくださっていましたが、本来痛いはずの場所の痛みを感じない、というのがまさにそうでした。

母の虫垂はほとんど腐っていて、あと少し遅ければ癒着を起こして腹膜炎になるところだったそうです。

おそらく精神科に入院していたころから炎症を起こしていたはずでしたが、当時は相変わらず会陰部の痛みしか訴えませんでした。

当時まだトラムセットとリリカを飲んでいて、それらの痛み止めが虫垂炎に作用していたのか・・・?

その後、一度実践医T先生のところに相談に行った時、「こういう炎症は体中に影響がありますから、それが取り除かれてから3~4か月で、何かいい変化があるかもしれませんね」と言われました。

確かに・・・手術直後はこれまでで一番陽性反応がきつかったです。看護師さんを怒らせ、それをまた逆恨みするという、わが親ながら怖くなるほどでした。

今から思えば、炎症を起こしたことで、体中に「毒」がまわり、脳の酸化→脳の神経伝達物質の異常を引き起こしていたのかもしれません。

このままではホームで預かってはもらえないという心配があり、グループホームの所長の反対を押し切って(ホームの往診医に診てもらうべきという考えでした)実践医に処方を書いてもらい、ウィンタミンでやっと落ち着きました。

それでも3か月ほどは体幹傾斜やよだれ、ろれつがまわらないなどの副作用が強く出ていましたが、お正月明けてからは人が変ったように穏やかになりました。

ウィンタミンの量は一時期朝25mg,夕25mgでしたが、夕方の分は今は無くしています。

痛みは相変わらずあるようで、それはパーキンソン症状の固縮が出てきた時と一致しています。

かといって抗パーキンソン薬は増やしたくない。

母の訴えでは、おそらく痛がっている部分が「こむらがえり」のような感じになっています。

グルタチオン注射が打てたら、きっといい影響があるのは間違いありません。

母も試してみたがっていますので、もう少し状態が良くなれば、実践医のところに連れて行き、その効果をもってグループホームの所長や往診医を説得したいと思っています。
スポンサーサイト

その後の両親

またもや久々の更新です。

おまけにきらきら組の皆様にグルタチオンの舌下吸収タイプとクリームの効果をブログに書かせていただくといっておきながら・・・本当にすみません。

以前のブログの後、母は近所の訪問医の勧めで精神科に約3カ月入院しました。結果的にはお薬は少しは減らしてもらえたのですが、状況はあまり変わらず。

ただ、デイサービスすら拒否していた母が施設に入ることに抵抗を持たなくなりました。

妹や私のことを気遣っている面もあるのかもしれませんが、もう自分でも自宅で暮らすことに自信がなくなったようでした。

精神科の先生方の強い勧めで、とにかく今の状態では家に戻るのは難しい、施設に入って状況が良くなれば次のことを考えて、という話に心から納得したようでした。

母の入院前、父も精神的に参っていました。

母が父をひっきりなしに呼びつけ、世話をさせるのですが、父もパーキンソン症状が強く、母の思うようには動けません。

妹も日に何度も呼び出されていましたが、真夜中や明け方は父が対応していました。

母は父の介護に不満をぶつけ、父は睡眠障害もある中、ふらふらになりながら母の傍に座らされていました。

妹が到着すると、崩れるように眠りに就く、という感じでした。自分でも「ノイローゼや」と言っていました。

母が入院してからも、夜中に母の声が聞こえて飛び起きる、というくらいでした。

父の症状の悪化も母の入院の理由の一つでした。

本来、仲のいい両親です。退院後は、何とか一緒に暮らせるようにしてあげたい。

しかし、自宅では父と妹の負担が大きすぎる。

たくさんの施設を見学した結果、妹が介護を学んでいたときの知り合いの方が経営しているグループホームの話がありました。

そこなら実家から車で5分もかからないほどです。

ここなら状況が良くなれば外泊もできるだろうし、何より住み慣れた町にいるというだけで安心感があるだろう。

父が前立腺と糖尿で通う病院もすぐ近くだということ、2人が並んだ部屋で入所できるのもいい(これが後に問題になるのですが)ということ、責任者の女性のMさんのお人柄にも惹かれ、母の気に入りそうな内装(大きな吹き抜けリビングが山小屋風など)であること、ワンフロアの施設であることなどもあって、グループホームYに決めたのでした。

しかし、自宅介護とは違った難しさも多々あります。

またそのあたりも書いていこうと思います。

そして、グルタチオンですが、効果を試してみたかった父が、きらきら組の2日くらい前に母の移動を手伝って腰を痛めました。検査の結果、「圧迫骨折」。

入院せずホームで生活していましたが、またもや無理をして悪化させてしまい(ホームの問題もあり)グルタチオンは飲ませ続けていますが、効果はわからない状態です。

少しでも回復が早まるといいと思いますが・・・。

母は新しいものを導入すると、「アレのせいで悪くなった!」というタイプなので、慎重にしていました。

父の改善を見たら信用するかと思っていましたが、肝心の父が圧迫骨折の痛みで動けず、効果の確認ができません。

でも、先日私が行ったとき、「今なら話が入るかも」と思えるほど穏やかだったので(ウィンタミンのおかげか1月初めから人が変ったように落ち着きました)河野先生のブログの例などを見せ、グルタチオンの話をすると、「お母さんもそれ飲んでみる!」と言い出したのです。

実践医のT先生のところには遠くてまだ連れてはいけませんし、ホームの医師はT先生からの指示書なしでは絶対に新しいものは導入して下さらないので、とりあえず舌下吸収タイプで気長にいきます。

また報告させていただきます。
sidetitleプロフィールsidetitle

みずき

Author:みずき
高3・高1の息子を持つ、ワーキングマザーです。
レビー小体型認知症と診断された離れて暮らす両親を妹とともに見守っています。
両親は現在実家の近くのグループホームで暮らしています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleおこしいただいた方sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。