スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方薬への移行 その2

お薬の漢方薬へ移行、比較的順調に進んでいます。

母はマグラックス・ビオラクチスを「潤腸湯」に変更して2週間。便通も毎日あるようです。
どちらかというと少し効きすぎるくらいなので、コウノメソッド実践医のT先生からの「夜寝る前だけでも良い」とのご指導で飲み方を変えていくことになりました。

他にはめまい、むくみに効く「五苓散」を飲んでいます。こちらはまだむくみには効き目が現れていませんが、頭の芯がくらくらする症状は改善されているようで、外に出る自信はまだないが、家の中は動き回って料理以外の家事はできています。

「潤腸湯」が効きすぎて、腸が動いている感じからふるえが起こっているという意識があるので、座ったり横になるのがいやで(ふるえを強く感じるため)動き回っている、とのこと。ヘルパーさんたちも驚いておられました。かといって、以前のような「じっとしていられないソワソワ感」ではなく、リハビリのつもりで動いているそうです。

その他にはメネシットとレキップです。私もそうなのですが、できたらこの「レキップ」はやめさせたいです。
T先生もそれは考えておられるようで、便秘とめまいがおさまったらそちらに切り替えていくおつもりのようです。

レキップを飲みだしてから、顕著に外に出たがらなくなりました。ふらつき、めまい、目のかすみが原因のようです。

以前はメネシットのみで大丈夫だったので、これが無くせたら、また症状が改善すると期待しています。


父は「牛車腎気丸(ゴシャジンキガン)」と「潤腸湯」(+マグミット)、あとはメネシットです。


父はもう一つ飲んでいたパーキンソンの薬をやめたのですが、この影響は特にない、と言っています。


河野先生も父に関しては「歯車様固縮はないね」ということで「サアミオン」のみの処方でした。


私はメネシットをやめてもきっと大きな問題はないとにらんでいますが、まだまだ、ゆっくり、じっくりです。


父にはまだ歩行や便通の異常が続いています。母よりもずっと姿勢も傾いていますし、すり足歩行です。


何より表情がありませんし、吃音もみられ、反応も乏しい。こちらの問いかけにもなかなか答えられません。


父のほうが「進行している」感がある感じです。


父の場合は鍼にも10日に1度ほど通っています。糖尿病と前立腺肥大があるので、お薬の処方も難しいと聞いたことがあります。(飲んではいけない薬が多くなる)


ただ、父は最近外に買い物に行けるようになったとか。ちょっとびっくりです。


こんな歩き方で大丈夫なのかな?というのが正直なところ。どう見ても母より悪いのに・・・。


母も、介助があれば出かけられるかもということで、今週からヘルパーさんと一緒に外を歩いてみることになりました。


外に出られれば、さまざまな刺激があり、認知面にもいい影響があるのではと期待しています。


少し意欲も出てきたので、京都の私たちの家に遊びに来るか聞いてみると、「行きたい」とのこと。


私たちが送り迎えをすることになりますが、妹と姪も来るというので、夫の7人乗りで行きます。息子たちは家で待たせます。


3年ぶりくらいでしょうか。


もうおそらく二度と京都には来れないだろうと思っていたので、本人たちはもちろん、私たちや妹たちも大喜びです。


来月半ばですが、それまでに症状が悪化しませんように・・・。祈るような気持ちです。




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

みずき

Author:みずき
高3・高1の息子を持つ、ワーキングマザーです。
レビー小体型認知症と診断された離れて暮らす両親を妹とともに見守っています。
両親は現在実家の近くのグループホームで暮らしています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleおこしいただいた方sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。