スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりNewフェルガード

一昨日、母から電話がありました。

「気がついたらフェルガードがもうほとんどないから、注文して!」

きけば、Newの方はもうなくなっていて、100があと1日分くらいしかないとのこと。

私の在庫確認も甘かったな~。

土日は受け付けも発送もお休みしているネットショップなので、早くとも月曜日発送。
届くのは早くとも火曜日でしょう。

せっかく元気にやれていたのが、ここで崩れてしまっては大変です。

母も火曜日には入院していた市民病院の初めての健診日。

Newフェルガードがなくなって、フェルガード100にしたら、とたんに動きが悪くなったらしい。

やはり母の好調の支えになっているのはガーデンアンゼリカの方みたいです。

我が家にはレビー予備軍の私の予防用フェルガード100があと28本ほどあり、せめてそれをと車を飛ばして持って行きました。

これからは多めに定期購入しておこうということになりました。

父の方は少しパーキンソン症状が悪化しています。

特に気になるのが表情、姿勢、がに股のすり足です。排尿障害は少しよくなってきているようですが・・・。
スポンサーサイト

退院から1週間

先週の土曜日、母は退院しました。
ちょうど介護のための大掛かりなリフォームの引き渡し日。

何とかベッドも間に合い、午前中に父を妹のマンションからリフォームの終わった実家に連れて行き、妹と二人で母を引き取りに行きました。

土曜日ということもあったのか、Y医師も看護師さんもほとんどいらっしゃらず、これといった話は何も聞けず。
今後の方針も特に何もないのでしょうね・・・。

入院前の母は、肛門痛の後遺症(?)の痒みと頻尿に悩まされ、ほとんど眠れず、そのためもあってパーキンソン病の薬も効きませんでした。

そのため、メネシットを朝昼晩各1錠だったのを、0.5錠ずつ間に飲み、そのうち1錠を間に飲み、それでも追い付かず・・・

メネシットが1日5錠を超えたあたりから幻視が出始めました。

河野先生の所に早く連れて行きたくても、このままでは無理だし、何より一番の介護者であった父がもたないと判断し入院させましたが、入院後から母の具合はどんどん悪くなっていきました。

「このままでは確実に寝たきりになってしまう」

焦った私はこのブログや「認知症を学ぶ会」の掲示板でNEWフェルガードを飲ませることについて疑問をぶつけました。

このブログではhokehoke先生、認知症を学ぶ会ではヒロシ先生(お二人は同一人物でした!)が、明確な方針を出して下さり、そのおかげで私は自信を持ってこれまでのフェルガード100(これもおそらくちゃんとは飲めていなかったと思われます)からNewフェルガードに変更し、母の様子を見ながら病院に行く人ごとにお願いして、病院には内緒で飲ませました。

病院では結局大した処置はしてもらえず、医師もお忙しいのでしょうけれど、一日のうち5分ほど診に来られて(たまたまオンの調子のいい時間が多かったそうです)「元気そうじゃない。」と言われるだけで、本当に辛い時間には全く来ては下さらなかったようです。

入院してからは不安からか非常に依存心が強い時期が続きました。これは当然と言えば当然だったのですが、Newフェルガードを飲んで1週間ほどたった頃から、こちらのことを少し配慮してくれるようになりました。

「今忙しいんじゃない?」とか「こんなことで電話して悪いね」など。

その前には私の仕事中でも、明け方でも、自分が辛ければおかまいなしに電話がかかっていましたし、その時には「どんな時でも自分に対応してくれて当然」というような雰囲気が言葉の端々に感じられました。

また、看護師さんや私たちの対応にも不満だらけという感じでした。

それが、どんどん穏やかになり、昔の母のような気遣いが感じられたのには感動しました。

hokehoke先生が書いて下さったように、パーキンソン症状にもとても効果があるようで、随分足の動きも良くなり、姿勢もしゃんとしてきました。

Newフェルガードを飲み始めて1か月ほどたった頃からは、オフの時間(震顫)はあるものの、以前のようなオフに伴う全身の痛みなどはなくなり、自分でもその状態を冷静に捉えられるようになりました。

退院してからは、夕方(夕食前)に少し身体の動きが悪くなるくらいで、この時も早めに(昼食後4時間たったくらいで)Newフェルガードを飲むことで解決できると思います。

今、母に一日の身体の状態をメモするように言っています。(そういうこともできるくらいの状態です)

それで、夕方のオフがうまく乗り切れたら、涼しい時間の散歩や夕食の支度(今は週3回ヘルパーさんにお願いしています)もできるようになるかも・・・。

嚥下障害もすっかりなくなりました。

フェルガード類のいいところは、興奮さえなければ、他の困った副作用がないこと。

また、薬の場合はだんだん効かなくなって量を増やさざるを得ないけれど、フェルガード類なら長く飲み続けるほどしっかりと効くようになること(私の実感です)です。

本当にあのタイミングでNewフェルガードを飲ませていなければどうなっていただろうと思います。

今はすっかり明るくなり、はりきって家の中の片付けまでしている母を見て、感謝の気持ちでいっぱいです。



Newフェルガード効果!?

母にはNewフェルガードがとても合っているみたいです。

それに対して、父には合っていない。ちょっとガーデンアンゼリカで興奮状態!?

母への家からの電話の最後に「愛してるからね~!頑張って早く帰ってきてよ~!」って叫ぶように言っているとか

ヘルパーさんがお料理作って下さっているときだったら・・・恥ずかしくないのかなと母は苦笑い。

やっぱり父にはフェルガード100にしておこう

父も今朝電話したら、少し調子がいいみたいでした。昨日行った鍼。昨夜は少し揺り戻しみたいな感じで調子が悪かったんだけど(鍼を受けた日や翌日あたり、父はよくこうなります)今日はぐっと良くなったそう。

もう少し真面目に詰めていったらいいと思うんですが。

母は電話を通しても調子が良いのが分かります。

もう一時期のような肛門痛も頻尿もなく、看護師さんたちとも少しずつうまくやれるようになって、今日は病室を変わりました。母が前に居たのは重症の神経内科の患者さんの階だったのですが、少し良くなったので下の階に移ったのでした。

薬だけではどんどんひどくなって、薬を増量し、オンオフの差が広がっていく・・・というパーキンソン症状が、フェルガードの成分で少なくとも進行を抑えられるのではないかという希望を持っています。

母も今やすっかりNewフェルガードを信じ切っていて、パーキンソン病にはこの「信じているものを飲む」というのも大きな効果を生むそうです。

実際に症状が改善した(オフの辛さがやわらぎ、まとまった睡眠がとれるようになった)ことで、良い循環になっていっています。

ベッドも当初「介護用のベッド」をケアマネさんにお願いする方向で考えていましたが、母は「あれは大げさな感じがするし、重いし、いかにも『病人』という感じがしていややわ。普通の家具っぽいベッドで十分やと思うよ」なんて言っています。

「ずっとベッドに寝る生活なら南の窓際にベッドを置いたらいいと思うけれど、そうでないなら、南側はゆったり座れる椅子にして、お父さんやA(妹)やMちゃん(姪)とくつろげるような場所としておいておいたら?」というと「それもそうやねえ」

リフォーム好きの血は争えない・・・。

家の中がすっきりきれいになることでテンションも上がっているようです。

テレビ番組「ビフォーアフター」の大ファンですから・・・

Newフェルガード開始

昨日も母の病院に行って来ました。
やはり調子の波があり、朝は早くから電話が入り「いつ来てくれる?」と。

着いた時はパーキンソン症状が出ているときの表情の無い顔。

頬が落ちて、口が少し開いています。

それでも、話しているうちに少しずつ口も動きやすくなり、笑顔も出てきました。

やはり、入院ということ自体がストレスなんでしょうね。

昨夜は特に母にとって「怖い」と思っている看護士さんが担当だったようで・・・。

ちょっとしたストレスが薬の「効き」に影響するようです。

母のうつ状態があまりにひどく、かといって退院できるような状況でもないことから、思い切って「Newフェルガード」を導入することにしました。

昨年秋くらいからフェルガード100は朝夕、3月辺りから(調子が悪くなってから)は朝昼晩と飲むように言ってきました。

ただ、父も母も、私が色々探してくるものに、最初はなかなか信頼をおいてくれません。

お医者さんや病院にはかなりひどい目に遭わされてきているのに、やっぱり信頼の第一は「お医者様」なのです。

私は、このようなサプリや健康食品やグッズを購入するとき、相当な時間をかけて「良い評判」よりも「悪い評判」をネットで徹底的に探します。

その上で導入を決めるので、信用してくれないとムッとすることは多いです。

父も、前立腺の調子が悪くなる以前から私が進める「すっぽん球」を「他の薬とぶつかったらアカンから」「医者に『イランものを飲まないでくれと言われた』」と断り続けてきました。

それで、昨年6月、カテーテルからばい菌が入り、意識不明になったときから、突然パーキンソン症状が始まったのです。

今は・・・飲み初めてとても調子が良くなったことが実感でき、無くなりそうになったら電話で「あ~すっぽん、もうなくなりそうやし、注文してくれるか?おかげで夜中、起きる回数が3分の1になったわ~」

早く飲み始めていたら、あんなことにならなかったかも

まあ、とにかくフェルガードもなかなか最初は真面目に導入してくれなかったのですが、年末辺りから近所のスーパーにまで出かけられるようになり、少しは信じてくれていたようです。

それで、ある程度フェルガードが蓄積してくれているし、Newフェルガードで問題になる「陽性反応」とは程遠い、ウツウツ気味の母ですから、思い切ってみたわけです。

認知症を学ぶ会の掲示板で「ヒロシ先生」からもOKが出たのも心強かったです。

まずは1日New1包,100を2包から・・・

陽性反応問題なし。いきなりいつものひどい震顫から全身の痛みになるところが、途中で止まった、と。(プラシーボ効果や、私たちが見舞いに行ったことも関係あるかも)

次の日は1日New2包。100を1包

陽性反応問題なし。やはりひどい痛みにつながることはないが、もちろん、震顫はある。
この震顫、入院するまではあまりなかった。(どちらかというと固縮・無動だった)
今はこの震顫はオフの時の症状というよりジスキネジアではないかと思っている

好調で自分ひとりで食事ができる時は飲めるが、それ以外は看護士さんにも内緒で飲ませているので、お薬の管理が難しい。父や妹が病院に行ったとき、多少時間がずれていてもいいから飲ませてほしいと頼む。

それからは3日ほどこのペースで。

変化としては・・・

体中が震え、飛び跳ねているようになり、その後全身の激痛(母談)がくる「発作」が減った。
「あ、そろそろ発作が始まるな」と思った頃からなぜかうとうと眠くなり、起きると震えがとまり、「発作」にまで至らないで終わる、と。

飲む前は家族への「依存」がひどく、父、妹、私に頻繁に電話をかけ、用事で行けないと恨み言などがあり、行っても「当然」のような感じだった。というより、痛みや震顫でその余裕も無かったのかもしれない。
しかし、3日前あたりからは、家族への感謝やいたわりの言葉がよく出てくるようになった。

全く今まで出てこなかった私の子どもたちへの「申し訳ない」という言葉も出るようになった。(私が遠くから通っているため、息子たちの世話が出来ていないことに対して)

リハビリに意欲的になり、昨日はトラックを10周できたと喜んでいた。

など・・・

それでもやはり食欲は今ひとつ。オンの時間は一時期よりは長くなったけれど、オフ(?)時の震顫はあります。

昨日はちょうど母の主治医について勉強している若い医師が来て(彼女はよく母の話を聞いてくれます)「レキップをそろそろまた増やします」といいます。

レキップには不信感があるので、何とか理由をつけてせめて増量を緩やかにしてもらおうと「前回レキップを増量してから、めっきり食欲が無くなって・・・」と言ってみました。

母にも「レキップは増やさない方向で」と話していたので「そうそう、昨日体重計ったら、また減っててねえ」と援護射撃してもらう。

若い医師は「それはいけませんね。食欲の無いのはいつごろからですか?」

「入院した辺りからです。それまでは食べることだけはしっかりできていたんです」

「・・・そうですか。それじゃあ、増やすにしても慎重にしないといけないかもしれませんね。Y先生にも話しておきます」

Y先生は何とかレキップを1日6mgまでには持っていきたいらしい。

調べれば調べるほど、レキップでいい話は聞かないのだけれど。




sidetitleプロフィールsidetitle

みずき

Author:みずき
高3・高1の息子を持つ、ワーキングマザーです。
レビー小体型認知症と診断された離れて暮らす両親を妹とともに見守っています。
両親は現在実家の近くのグループホームで暮らしています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleおこしいただいた方sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。